タカノのスタッフ|会社案内|福岡 注文住宅 タカノホーム

Staff introductionタカノのスタッフ

タカノのスタッフ|会社案内|福岡 注文住宅 タカノホームタカノのスタッフ|会社案内|福岡 注文住宅 タカノホーム

代表取締役 鷹野耕治

タカノホームに入社し、まずは不動産売買仲介の営業経験を積み、お客様の立場・目線でいつも物事を考える事を学び、リフォーム部門との連携により「中古住宅を購入しお客様のライフスタイルにあったリフォーム」という新しい“リノベーション”の形を立ち上げ取り組みました。このことで、“中古住宅”の購入は決して妥協ではないという事を証明でき、お客様にも「最高の喜び」と「感動」を捧げることができることで喜びを感じています。

その後、新築部門へと転属し住まいづくりについて学びました。
住まいというのは、お客様によって、家族で過ごす団欒の時間。休日の家での時間の過ごし方など様々かと思います。現代の規格化された建物は、その建物に自分たちのライフスタイルを合わさなければなりません。そうした時代の中、私共がすすめている新築・リフォームでは、本来の注文住宅の特性を生かし“世界に一つの、あなただけの家づくり”といった一品生産の価値のある住まいづくりで、何十年経っても価値の落ちないヴィンテージ住宅を目指し、お客様の住まいづくりの夢を実現することに力を注いでいます。またその上で家が完成した暁にはお施主様より本音で「ありがとう」と心から喜んでいただけことを生きがいに、これからも日々努めていきたいと考えています。

タカノホームでは、福岡の地場工務店だから地元に根付き、地域社会にしっかり貢献しなくてはいけないという使命感をいつも持ち取り組んでいます。
筑後川の上流の津江山の杉を福岡の街に住む私たちが使うことで、津江山の伐採・植林活動が進み荒れ果てた山も少しづつ復旧し整備され、筑後川もきれいになります。
そして、どこのどういった人が育てた木か知ることで安心した素材の家【トレサビリティ】に住むこともできます。
またこうした地元の山の木を、地元福岡に住む腕利きの職人さんたちが加工し、家づくりををおこなうことで、お客様からいただいた建築費のほとんどがこうした地元の山や職人さんたちへと支払われます。そして地元の職人さんたちが地域の食材や衣服を買い求める。この一連の流れが地域循環型の、地域に根ざした会社として今私たちができるタカノホームの使命だと考えています。

そうしたタカノホームでの取り組みの中で私は、これからも地元のすばらしい山の木や地元の腕利きの職人さんたちと、お客様を結ぶ仲介(ナコード)役として皆様の家づくりに努めていき、作品をつくっていきたいと思っています。

【 トレサビリティ 】 素性のわかる木材の使用。
使用する木材の「素性」、つまり産地・年生・流通のはっきりした国内産木材だけを厳選し使用します。外材等、室内汚染の原因のもととなる化学薬品を用いて保管・輸送されたような材料を徹底的に排除し、安全な材料のみを使用した家づくり。

資格:2級建築士
   宅地建物取引士
   フラット35適合証明認定員
出身:福岡市南区花畑
   花畑中学校、東福岡高校、久留米工業大学OB
趣味:温泉、買物、スポーツ
特技:スキー、デザイン

ページトップへ

Copyright(C) TAKANO CONSTRUCTION CO.,LTD