スタッフダイアリー|福岡 注文住宅 タカノホーム

Staff diaryスタッフダイアリー

スタッフダイアリー|福岡 注文住宅 タカノホームスタッフダイアリー|福岡 注文住宅 タカノホーム

スタッフダイアリー

皆さん、2輪は好きですか?シリーズです。

ガレージに着工してから早いもので
3か月が経とうとしています。

(建売住宅なら完成しているかも、、、)

のらりくらりと無理せず作業しているので
次回も進捗をご報告いたします。

(今は、内壁にOSBボードを張り始めた感じです!)

 

今回は、バイクの話です。
話には聞いていましたが、外車で旧車なら
何かしらの不具合を抱えながら
乗るしかないというジンクス。

私のバイクはこれまで
そんなことなかったですが、
遂にきてしまいました。

ある日、帰宅していつものように
バイクを停めようと
駐車場に侵入しようとしたとき、
地面に真っ黒なシミが、、、

もしかして、朝バイクを出すときに
クモでも踏んでしまったのか?と
思いながら近づくと、
あるのは液体に付着したゴミのみ、、、

恐る恐る指で触って匂いを嗅ぐと、
オイルの匂いが!!
虫の死骸であって欲しかった、、、

(木材があって見ずらいですが、オイルのシミです、、、)

遂にハーレーの洗礼を受けたかと
意気消沈してしまいましたが
何とか原因を突き止めなくてはいけません。

思い当たる箇所を拭き上げ、
翌日確認すると
拭いたところはキレイなままで、
地面に新たなオイルの跡が。

見当が外れという証拠、
次の箇所でも当たらず、
3回目でやっと原因箇所が発覚。

消耗品である
ガスケット(パッキンのような部品)からの
オイル漏れでした。

該当箇所のガスケット交換作業を
YouTubeで見ると、エンジンを
一旦おろさないといけない高レベルな整備。

流石に挑戦する勇気はなく、
抑えているボルトを
まし締めしただけで終わらせました。

幸いオイル漏れは止まりましたが、
この先ず~~っと
じわじわと漏れるはずです。

ネットを見ると、
部品を交換しても止まらないことが多いので
やるだけ無駄、との
コメントを出している方もいました。

95年式のバイク、
やはり何かしら抱えながら
付き合わなくてはいけないという事でしょう!

持ち前のプラス思考のせいか、
ボルトを締めただけで解消したので

「手間をかけないといけないカワイイ奴め!」と

愛着が増した感じもあります。

これからは、人馬一体!
自分の体もちゃんとメンテしながら、
おじいちゃんライダーになれるように
励んでいきたいと思います!

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全501ページ中)

2022年06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー

社長ダイアリー
リノベスタッフダイアリー
ページトップへ

Copyright(C) TAKANO CONSTRUCTION CO.,LTD