スタッフダイアリー|福岡 注文住宅 タカノホーム

Staff diaryスタッフダイアリー

スタッフダイアリー|福岡 注文住宅 タカノホームスタッフダイアリー|福岡 注文住宅 タカノホーム

スタッフダイアリー

皆さん二輪は好きですか?シリーズです。

一難去ってまた一難とは、
ハーレーの為にある言葉かもしれません。

セルフメンテでオイル漏れが
無事に治ったのに今度は
ガソリンのオーバーフローです。

(実は、この1か月で
エンジンスターターの異常も
発生しているので
一難去ってまた二難です)

 

ガレージの扉を開けると、
充満するガソリンの匂い。

バイクを起こすと、
ボタボタッとこぼれるガソリン。

はぁ、、、手がかかる~~~。

という事で、
今回はキャブレーターの
下半分を分解洗浄です。

キャブは人間でいうと
肺のような役割をもち
ガソリンをエンジン内で
爆発しやすくする為に
ガソリンと空気を混ぜあわせます。
(混合気)

タンクからガソリンが水圧により
ホースを通ってキャブに流れ込みます。

その量が多すぎると
いい感じの混合気にならないので
あらかじめ
オーバーフローするように出来ています。

その仕組みは、
水洗トイレのタンクと同じ。

ガソリンが入ってきて
フロート(浮き)が上がると
シーソーのようにバルブが下がり
ガソリンの入り口を塞ぎ
一定以上の量にならないようにします。

そのバルブが汚れていたりすると、
入り口にピタッとはまらず、
ガソリンが入り続けて
オーバーフローとなるわけです。

早速、キャブの下半分を取り外します。

目立った汚れやゴミは無いようですが、、、

念入りに洗浄。

戻す前にきちんとバルブが締まるか実験です。

即席で作った仮想ガソリンタンクとホースを

キャブに接続。

圧でどんどんキャブの中に水が入ってきます。

フロート(黒い輪)がほぼ水平に
なったところでスッと止まりました。

洗浄したおかげでゴミが無くなり
バルブがピタッと穴を塞いだ証拠です。

私のハーレーは旧車っぽい部品が多く
多くのバイクにある
エアフィルターがありません。

ある意味、これまで運よく
オーバーフローが無かったようなものです。

今回も上手くいったので、
今後はガソリンの匂いがしても
あまり驚かなくてすみますね。

次回は、スターターの修理です!

工務店なのに
バイク話ばっかりでごめんなさい!!

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全518ページ中)

2024年06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー

社長ダイアリー
リノベスタッフダイアリー
ページトップへ

Copyright(C) TAKANO CONSTRUCTION CO.,LTD